葉酸サプリ選びでおさえておくべき3つのポイント

ママにとっても赤ちゃんにとっても、今妊活中というみなさんにも、選ぶ葉酸によってはその効果に大きく差が出てしまいます。

葉酸選びに大切なポイントは、3つです。

たくさんある葉酸サプリの中からどれを選ぶか迷った時の参考にして下さいね。

安心して飲めるものであること

これからママになろうとしている、あるいはお腹の中に赤ちゃんがいるママにとって何よりも気がかりなのは商品の安全性や品質だと思います。

女性が一番デリケートな時期に口にするものであるだけに不必要な添加物が入っていたり、安全な材料で作っていないものは、やはり心配になりますね。

妊活、妊娠中、産後と女性に最も大切な時期に余計な成分をサプリメントから摂取してしまうと、母体、胎児、乳児に悪影響を及ぼす危険があるため避けることが望ましいのです。

何よりも、この時期に特化した葉酸サプリを選び、不要な成分を排除することが大切です。

・不必要な添加物が入っていない。
・放射能チェックをしっかり行っている。

の2点は必ず確認したいですね。

効果が実感できるものであること

近年増える傾向にある胎児の先天異常の発症リスクを減らすためには、厚生労働省推奨の葉酸摂取量400μg以上を配合していることが大切です。

そして、葉酸の種類をしっかりチェックすることも忘れてはいけないでしょう。

葉酸を2種類に分けると、モノグルタミン型葉酸とポリグルタミン酸型(天然葉酸)となります。

この2種類の葉酸サプリは、同じように「葉酸配合量400μg」と表記されている場合が多いですがモノグルタミン型葉酸とポリグルタミン酸型の葉酸では吸収率に2倍ほどの差があります。

ポリグルタミン酸型だと2分の1の吸収率です。

厚生労働省からも推奨されているのはモノグルタミン酸型の葉酸サプリだということを覚えておきたいですね。

その他、葉酸にどのような成分が含まれているかもチェックしましょう。

妊娠中や産後、また授乳中に不足しがちな葉酸をはじめ、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をバランス良く配合し、この時期に大切な栄養成分を必要な分量だけ確実に摂ることが大事です。

葉酸にターゲットを定め、シンプルで無駄のない配合で、母体の環境を整え、赤ちゃんの成長や栄養を十分に考え作られた葉酸サプリが、効果の上でも大変優れていると言えるでしょう。

以上のことから
・厚生労働省推奨の葉酸配合量400μgをクリアしていること
・吸収率抜群のモノグルタミン型葉酸であること
・余計な成分を入れずに、産前産後に的をしぼった成分設計

であることをチェックしておきたいですね。

続けやすいものであること

妊活中から授乳期まで長い間飲み続けた方がいい葉酸なだけに、続けやすいということも大事なポイントになると思います。

特につわりの時期は粒の大きさや臭いが気になってしまいます。

妊娠初期にこそ積極的に葉酸サプリを摂りたいのに、形状、臭い、味などが気になって途中で飲むのを止めてしまう方がいて残念です。

加えて、一日に飲む量が多すぎても、飲むのがイヤになってしまう方がいらっしゃるようです。

それから、価格が高すぎて続けられないという方も多いので、最初から継続しやすい価格設定の商品を選ぶと安心ですね。

また、効果が実証された信頼できるものを選ぶ、お客様サポートが充実している会社を選ぶことも大事なチェックポイントでしょう。

赤ちゃんが生まれてくる間のかけがえのない時間、「赤ちゃんに栄養を届けたい」「とにかく無事に元気に生まれてきてほしい」という思いで葉酸サプリを始める方が多いと思います。

ぜひ、手軽に必要な栄養を摂取できる葉酸サプリを妊活中、妊娠初期から活用してみてくださいね。