葉酸は元気な赤ちゃんを産むための手助けとなる栄養素

赤ちゃんに必要な栄養を取るために、妊婦さんは日々考えて食事をしていると思います。

ですが、赤ちゃんの発育や成形に必要な葉酸は取れているかというといまいちよく分からずに生活していませんか?

葉酸は、妊娠初期からではなく「妊娠を計画した時」から摂取する必要があります。

それは厚生労働省の水準400ugです。

それは、二分脊椎や無脳症、神経管経管閉鎖障害を引き起こす可能性を引き起こす可能性を現象させる効果もあります。

サプリで摂取する

サプリで摂取する場合、「妊活」「妊娠」「栄養補給」の三つの種類があります。

その種類の中から自分に合う成分とその配合量が適切なものを選ぶ事が重要です。

サプリの成分に心配な方は、後ろにある成分表や店頭で専門のスタッフさんと見たり聞いたり自分でインターネットで調べると良いと思います。

全てモノグルタミン酸

メーカー側で天然合成と表示されていますが、それは何かの薬品や添加物が入っているのではなく、国内で販売されているサプリは全て食品から抽出されている合成の物なので安心です。

さらに「GMPマーク」が表示されている商品を選ぶとより良いです。

葉酸を食事で摂取したい

サプリも便利ですが、やっぱり食事で補いたいという方もいると思います。

そこで簡単に安く手に入る食品は「納豆」「焼き海苔」「枝豆」「ほうれん草」「ブロッコリー」「かぼちゃ」です。

これらは沢山の葉酸を含んでいます。

サプリで摂取することに抵抗がある方は、これらの食材を上手く活用した食事をすることでいつもの食事よりも多く葉酸を摂取する事が出来ます。

ですが、食事で摂るということは、サプリメントで摂ることよりも手間と時間がかかり料理が得意ではない人は少し苦痛になってしまうことがあるかもしれません、ですがそういう時間も楽しめるという方にはオススメです。

最後に

葉酸は普段の食材でもサプリでも摂ることが出来ます。

ですが、自分の生活スタイルに合うものは「食事で摂る方法」なのか「サプリで摂る方法」なのかを把握し自分の体に必要だと思う方を考えて選び元気な赤ちゃんが生まれる手助けの一部になると良いと思います。

妊婦さんに大切な栄養素の葉酸を多く含む食べ物って何?!

子供を授かると同時に、さまざまな体の変化や心に変化に戸惑うことも多くなりますよね。

自分のお腹に赤ちゃんがいるという神秘的な体験ができるのも、とても考え深いものです。

妊娠期間中は、体調ももちろんですが食事についてもお腹の赤ちゃんのためにと何かと気を使いますよね。

妊婦さんが摂取しておきたい栄養素として、葉酸があります。

この葉酸を毎日の食事でしっかりと摂取するためには、具体的にどのような食材

具体的には葉酸はどのような食材に多く含まれているの?

妊婦さんは特に毎日の食生活においても、栄養バランスに心掛けながら葉酸を多く含む食材をなるべく摂取したいですよね。

具体的に葉酸を多く含む食材としては、暑い夏にぴったりな枝豆があります。

手軽に食べることができ、おやつ代わりに食べることもできるのでとても便利な食材です。

ブロッコリー

体を冷やさないように温野菜にしてブロッコリーを摂取することで体にも優しく葉酸の栄養素をしっかりと逃さず摂取することができます。

アスパラの葉酸を多く含んでいます。

茹でてしまうとせっかくの栄養素が逃げてしまうので、こちらも温野菜にするかオリーブオイルなどで健康的に食べることをおすすめします。

ほうれん草

おみそ汁やお浸し、ごま和えなどさまざまなバリエーションがあるので、毎日のメニューに葉酸の栄養素を多く含む食材を積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。

葉酸は妊婦さんにとってなぜ大切なの

妊婦さんにとって葉酸は非常に大切な栄養素ということを耳にした方も多いのではないでしょうか。

妊婦さんが葉酸を摂取することで、お腹にいる胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果があります。

また、妊娠中は貧血の症状になりやすくなります。

葉酸を摂取することで貧血を予防する効果があります。

悪阻を軽減したり、免疫力を高めたり、産後のさまざまな面にもとても効果があります。

こういったさまざまなことからも、葉酸という栄養素が妊婦さんにとって重要な栄養素だということが分かります。

妊娠したら葉酸は大事!赤ちゃんやママに必要な2つの理由とは?

妊娠すると、ママはご自身のために、そして何よりお腹の赤ちゃんのためにも様々な栄養素が必要になります。

なかでも葉酸は、厚生労働省も妊婦さんに対し積極的な摂取を呼びかけているほど、大切な成分です。

葉酸ってなに?

葉酸はほうれん草をはじめとした多くの緑黄色野菜に含まれているビタミンB群の一種。

ですが葉酸は加熱や水に溶け出しやすいといった性質があるため、きちんと野菜を食べていても葉酸不足に陥っている可能性もあります。

その葉酸不足は、ママや赤ちゃんに悪影響を及ぼすことも。

妊娠中に葉酸不足になるとどうなるの?

まず葉酸不足で起こってくるのが、赤ちゃんの神経管閉鎖障害という病気です。

この病気は遺伝子の異常も原因のひとつで、先天性疾患に分類されます。

遺伝子に異常が起こると赤ちゃんの体の形成がうまく行われなくなり、神経管がふさがれてしまいます。

神経管は脳や脊髄のもととなる大切なものなので、神経管がふさがれると脳や脊髄に障害が起こり、赤ちゃんに麻痺や排泄障害が起こったり、無脳症になった場合は流産の可能性が非常に高くなります。

ですが葉酸には遺伝子に異常が起こるとその異常を修正する働きがあるため、葉酸をきちんと摂取した場合、神経管閉鎖障害のリスクを80%下げるとも言われてるのです。

赤ちゃんに栄養を届ける

さらに葉酸は、赤ちゃんに必要な栄養素を届けるうえでも重要な働きを担っています。

赤ちゃんはへその緒を通じて、ママの血液から栄養を補給しています。

ですが妊娠中は葉酸を多く消費する傾向があるため、葉酸不足になりがち。

すると血液もうまく作られなくなり、貧血の原因になってしまいます。

貧血になるとそのぶん赤ちゃんへの供給も減り、栄養素をきちんと届けられなくなることも。

まとめ

栄養不足は、赤ちゃんの成長を妨げる原因にもなりかねません。

それを防ぐには、ママが貧血を予防することが大切。

貧血=鉄分不足というイメージを持たれるかもしれませんが、実は葉酸も血液を作るうえで欠かせない成分なのです。

葉酸を補うことで血液の量が増え、それが結果的に赤ちゃんへの栄養にもつながるということになります。